舞台 千と千尋の神隠しを観覧して。Huluでのライブ配信情報も。

未分類

こんにちは!エンタ男です!

3月2日から帝国劇場で幕を開けた話題作[舞台]千と千尋の神隠し。

東京公演はわずか30分で完売したチケット難なこの舞台の大千穐楽が、
Huluでライブ配信されることが決定しました!!

今日は、
3月11日の舞台観劇レポを交えながらライブ配信で絶対見るべきポイントをお伝えしていきます。

あらすじ・登場人物(キャスト)

あらすじ

両親と共に引っ越しで新しい住まいに向かう道中、不思議なトンネルの先で不思議な世界に迷い込んでしまった10歳の少女、千尋。迷い込んでしまった世界で両親を豚にされてしまう。両親を元の姿に戻してもらうため、この世界を掌握する湯婆婆のもとで「千」という名で働き始める…。そんな千尋の成長と友愛で織りなす自分探しの冒険ファンタジー。

登場人物(舞台キャスト)

  • 千尋(千)・・・橋本環奈、上白石萌音
  • ハク・・・醍醐虎汰朗、三浦宏規
  • 湯婆婆/銭婆・・・夏木マリ、朴璐美
  • カオナシ・・・菅原小春、辻󠄀本知彦
  • リン/千尋の母・・・咲妃みゆ、妃海風
  • 釜爺・・・田口トモロヲ、橋本さとし
  • 兄役/千尋の父・・・大澄賢也
  • 父役・・・吉村直
  • 青蛙・・・おばたのお兄さん

観劇レポ

今回は3月11日(金)に帝国劇場にて、下記キャストで上演された回の観劇レポをお伝えします。

舞台ではなくもはや芸術作品な「舞台 千と千尋の神隠し」

冒頭はランドセルを背負った千尋(上白石萌音)が
友達をもらった手紙を読みながら歩いてくるシーン。

「寂しくなるよ、千尋…」

始まった始まった!なんて思った数秒後。
千尋の両親が現れ、そこからは全身身震いするほどの感動に包まれました。

まず、千尋の母(妃海風)の「千尋!」という一声で再現性の高さに全身鳥肌がゾッと。

千尋の父(大澄賢也)も立ち振る舞いが映画のアニメーションそのもので、今目の前で起きているのは映画なのか舞台なのか…自分自身が不思議な世界に迷い込んだような錯覚に陥ります。

シンプルな舞台セットとたった3人のキャストによる幕開けに、既に眼前は映像越しに見ていた「千と千尋の神隠し」の世界が広がります。

そこからはもう、それぞれのキャスト陣のクオリティの高さに圧倒されまくりです!

まず、3時間にわたる大型長編舞台でここまで走って登って踊って転けても”10歳の少女・千尋”をブレずに全うする上白石萌音ちゃんに終演後は誰もが大ファンになってしまう勢いです!笑

ハク(醍醐虎汰朗)は階段を駆け降り場面や千尋と走り回る場面など随所で見られる佇まいが原作そのもの。周りに漂う空気さえもハクのミステリアスな雰囲気が滲み出ていて登場すると1人だけ浮世離れして見えます。

カオナシ(菅原小春)は正直キャスト発表時「はて?」と疑問符でしかありませんでしたが、身体性だけで喜怒哀楽を操り、カオナシが起こす一連の騒動を臨場感たっぷり演じられる小春さんに終始脱帽でした。

リン(妃海風)や釜爺(橋本さとし)に至っても役の再現性が高い低いという次元ではなく、キャラクターそのものを連れてきたかのようなお芝居で舞台の脇をギュッと引き締める。
そして、見ている観客をさらに「千と千尋の神隠し」の世界に引きずり込む。

改めてこのお二人のお役は、千尋にも、物語を見ている人間にもなくてはならない存在だと気付かされました!

そしてそして。
個人的には実写という話ではなくて、「わざわざこちらの世界まで足をお運びくださりありがとうございますmm」と申し上げたい夏木マリさん演じる湯婆婆と銭婆。
第二幕では湯婆婆と銭婆が入れ替わるように場面が切り替わりますが、明らかに違う人格をものの数分で切り替えられてしまう夏木マリさん。
いえ、湯婆婆と銭婆はやっぱりそのまま映画からお二人連れてきているんでしょうね!!

それから、今回の舞台、そしてカンパニーで絶対に忘れてはいけない存在。
「湯屋の動く扉」や「宿泊客の神様」「ハクと千尋が身を隠す紫陽花」まで魔法にかかったような世界を作り出すアンサンブルキャストのみなさんの表現力と身体能力たるや。
正直、プリンシパルキャストより視界を奪われるシーンもあって今回の観劇で一番の衝撃だったかもしれません。笑

ということでこちらの舞台、もう要するに舞台そのものが奇跡であって芸術でした。
生で観劇できたことがどれだけ幸運なことか!

「千と千尋の神隠し」カンパニーのみなさんに改めてスタンディングオベーションで賛辞を表したいと思います。
本当に素敵な舞台をありがとうございました〜ヽ(;▽;)

絶対見てほしい名シーン集

そんな素晴らしい芸術作品「舞台 千と千尋の神隠し」が2日間もライブ配信されるということで!
一足お先に舞台を楽しんだエンタ男がおすすめする、絶対に見るべきシーンを3つピックアップ。


①第一幕ラストの千尋とリンの黄昏
このシーンが単体で素晴らしいというよりも、その一場面前からの緩急の付け方がすごい!

一場面前は、腐れ神(オクサレ様)に刺さっている棘を抜きとることに成功し、湯屋総出で祝いの舞を踊るシーン。
このシーンは一幕の大詰めとなっており、音楽・踊り・舞台セットと全てが華やかで心躍る場面となっています。
場面が終わること観客席からは割れんばかりの拍手が巻き起こり、見ている観客の体温も1度上昇するような熱気に包まれたシーンです。

そこからの!寝床で海を眺めながら黄昏る千尋とリン。
じんわりと響く劇中歌に乗せて、さっきまでの高揚した気持ちが鎮まる感覚がとても心地良い印象的な一幕ラストになっています。


②全力で階段をよじ登る千尋
原作でも何度か登場する急な階段を踏み外しながら登る千尋。
このシーン舞台では本当に急な梯子を使って踏み外すシーンもそのままに再現されています。

それを体力もピークであろうに二幕中盤に、アンサンブルキャストの支えだけで実現してしまう上白石萌音ちゃん。
原作さながらの緊迫した雰囲気を作り出すためにここまでスリリングな演出に感嘆します!


③ハクがハク龍になるシーン
個人的に今でも目に鮮明に焼き付けられているのがこのシーン。
ハクが宙で体をひねって大ジャンプし、その背後からパペットのハク龍が登場するというアクロバティックな場面。

フィギュアスケートのショーを見ているかのような素晴らしい身体能力に目を奪われます!
ライブ配信されるなら是非ともこの瞬間をバッチリと見届けたい!!
ハクファンなら何度だってみたい、誰もがハクに惚れ惚れするかも?!
そんな超絶一押しシーンです。

ライブ配信何で見れる?

そんな最高すぎる「舞台 千と千尋の神隠し」の大千穐楽公演はHuluでライブ配信視聴が可能!
配信日は下記の通りで、月額課金なく単発での視聴も可能な模様です!!
みなさまこの機会に是非、ご視聴ください^ ^

配信詳細

【7月3日(日) 12:00公演】
・ライブ配信日時:7月3日(日) 開演12:00
・見逃し配信:ライブ配信終了後、準備が整い次第 〜 7月5日(火) 17:00
・販売期間:6月22日(水) 10:00 ~ 7月5日(火) 13:00
・チケット料金:5,500円(税込)

【7月4日(月) 12:00公演】
・ライブ配信日時:7月4日(月) 開演12:00
・見逃し配信:ライブ配信終了後、準備が整い次第 〜 7月6日(水) 17:00
・販売期間:6月22日(水) 10:00 ~ 7月6日(水) 13:00
・チケット料金:5,500円(税込)

※本配信はHuluストアで配信されます。Huluストアは、Huluの月額料金を支払う事なく作品単位での課金方式で、お好きな作品だけを選んでどなたでも視聴できます。

hulu

☆日テレとコラボした動画サブスクリプション
☆アニメ・ドラマ・映画・スポーツ・バラエティーなど視聴可能
☆作品数70,000本以上
☆無料期間も2週間!
☆リアルタイム視聴可能!
月額料金 1,026円(税込)
無料期間 2週間
加入特典 ・特になし
利用可能端末数 最大4端末
※ファミリーアカウントとしてアドレスで個別管理が可能
※ペアレンタルロック(視聴制限)可能
詳しくはこちら
端末 ios/android/各種タブレット/各種PC/TV/ゲーム

関連作品